• ホーム
  • 若者に多いクラミジアには抗生物質のジスロマック

若者に多いクラミジアには抗生物質のジスロマック

白いカプセル

クラミジアは、日本国内に100万人以上の感染患者がいると推測されている感染症であり、特に感染症に対する意識の低い若者に感染患者が特に多いのが特徴です。
多くの医療機関でジスロマックが第一選択薬として用いられています。
ジスロマックは、マクロライド系の抗生物質アジスロマイシンを主成分とする医薬品であり、アジーなどのジェネリック医薬品も多くの製薬メーカーから市販されています。
ジスロマックやアジーは、主成分のアジスロマイシンがクラミジアの病原菌であるリボソームを構成するサブユニットと結合する事で医薬効果を発揮します。

サブユニットと主成分アジスロマイシンが結合する事でリボゾームのタンパク質合成効率を著しく低下させます。
病原菌内では、タンパク質の生合成量が低下する事でタンパク質の不足が発生し、タンパク質の不足により増殖が出来ないだけで無く病原菌自体も弱体化します。
ジスロマックは、基本的に人間の持つサブユニットとは結合する事が無く、服用による人体への副作用はほとんど無いとされている安全性の高い治療薬です。

ジスロマックは、クラミジア・トラコマティス以外にも肺炎を発症させる肺炎球菌やマイコプラズマ属に加え、歯周病菌やインフルエンザ菌などによる感染症の治療にも有効とされています。
そのほかにも炎症患部への貪食殺菌を担う好中球の集中を抑え炎症を抑制する作用も有する事から耳鼻咽頭科や歯科など多くの科で処方されています。
しかし、ジスロマックは抗生物質なので併用による薬剤相互作用には注意する必要があります。

ジスロマックの薬剤相互作用は、医療機関が処方した風邪薬との併用で発生する事が多いです。
医療機関の処方する風邪薬には複数の抗生物質が配合されている事が多々あるため薬剤相互作用の原因とされています。
抗生物質は、原則として専門医の処方箋を必要とする処方箋薬に分類されている事から、一般的な市販の風邪薬には抗生物質が含有されておらずジスロマックとの併用が可能です。

ジスロマックのジェネリック医薬品ならアジー

ジスロマックはマクロライド系抗生物質の一種であり、アジスロマインを主成分としています。
ジスロマックのジェネリック医薬品としてアジーというものがありますが、費用を安く抑えたいならこちらがおすすめです。
ジェネリック医薬品は信用できないと考えている人もいるかもしれません。
しかし、ジェネリック医薬品というのは先発医薬品と同じ成分で作られた医薬品のことであり、ほとんど同じ効果が得られると言われています。

アジーはジスロマックと同じでアジスロマインを主成分としたマクロライド系抗生物質です。
クラミジアなどの性病によく使用されていますが、細菌によって引き起こされるさまざまな病気に対して効果的ということです。
ジェネリック医薬品だからジスロマックよりも効果が劣るというわけではありませんし、確実に細菌を死滅させることができるとされています。

アジーの効果が期待できるのは、クラミジアやマイコプラズマ肺炎、風邪、歯周病などとなっています。
アジーはどうやって購入できるのかということですが、通販サイトを利用すれば手軽に手に入れることができます。
ジスロマックよりもかなり価格が安くなるため、経済的であることが大きなメリットです。

アジーは含まれている主成分の量によって3つのタイプに分類することができます。
アジスロマイシンが250mg含まれているものと500mg含まれているもの、1000mg含まれているものがあるため、目的に合わせて使い分けていきましょう。
クラミジアの治療では1日にアジスロマイシンを1000mg摂取する必要があります。
1回の服用だけで治療が完了するため、長く治療を続けるのは嫌だという人に最適です。
また、副作用が起こりにくいこともポイントです。

関連記事