カンジダの原因は常在菌?

笑う女性

女性に特に多いデリケートゾーンの代表的な病気が、カンジダ膣炎です。
原因菌のカンジダ菌が膣内部で増殖することで生じる炎症が陰部に様々な症状をもたらします。
ただこの原因菌は性行為を介することなくても、女性であれば体内に存在する常在菌の一種です。
実に女性の5人に1人が、この病気を経験すると言われているほど身近なのです。

膣などの性器には様々な細菌が存在し繁殖や減退を繰り返しています。
これを常在菌と呼ぶわけですが、なかには有害な作用を持つ雑菌も含まれているのです。
ただ、身体の内部には有害な細菌が旺盛に繁殖しないように、pHが酸性になるように維持されています。
ところがホルモンバランスの崩れや、糖尿病やストレス・妊娠などの影響で、膣の内部がアルカリ性に傾くと、病原性の細菌の活性が盛んになるわけです。

カンジダ菌は真菌、つまりカビの一種で酵母菌の仲間になります。
人体にとっては有害な影響を持つ悪玉菌に分類されますが、膣の内部が酸性であるかぎりは病原性を発揮しないので過度に気に病む必要はありません。
自覚症状が現れれば、しっかり治療することが大切です。

そこで、カンジダ膣炎の指標となる症状やその経過を、確認しておきましょう。
一番の特徴としてオリモノの変化が見られることです。
正常時には少し粘性を帯びた液体ですが、炎症時には様子が変化します。

カンジダ膣炎になると、色合いが濃く濁った白濁状態への変化が見られるのです。
カンジダ膣炎のオリモノは白いのが代表的ですが、時には黄緑色や緑色に変化する事もあります。
無臭の場合が多いですが、炎症が悪化すると鼻をつくような異臭を伴うこともあるとされています。
症状が悪化すると外陰部にも、ノリ状に苔が張り付いたような外見を呈することもあるのです。

オリモノと並んで代表的なのは、陰部のかゆみやヒリヒリした痛みです。
カンジダは免疫力の変化だけで発症する可能性のある病気です。
オリモノの変化や外陰部のかゆみなどを覚えたら、カンジダ膣炎の可能性があります。

膣カンジダの原因は糖尿病や免疫力低下なども関係する

先に述べたように膣カンジダは、ホルモンバランスの崩れや、糖尿病やストレス・妊娠などの影響で、膣の内部がアルカリ性に傾き病原性の細菌が活性化することでおきますし、ストレスは免疫力の低下を引き起こしてしまいます。
どの原因も常在菌のバランスの崩れを引き起こすためにカンジダの症状をもたらすのです。

カンジダは糖尿病患者に多い傾向があるとされています。
その理由として糖尿病は高血糖状態で常に血糖値が高い状態ですが、高血糖だと身体の免疫力が低下してカンジダ菌の繁殖が進んでしまいます。
また、糖尿病の特徴として白血球の成分である好中球の機能の低下がありますが、好中球の機能低下は免疫力低下の原因です。

ホルモンバランスの崩れは妊娠中や生理前後に起きますし、糖尿病以外にも寝不足や疲労の蓄積、風邪なども免疫力の低下を招きます。
また、ステロイド剤の使用も免疫力を低下させてしまうため、他の治療でステロイド剤を処方されている方は注意が必要です。
主に免疫力の低下や性行為での感染によって発症するものですが、常在菌であるためカンジダは女性であれば誰でも発症する可能性があるものです。
発症を防ぐためには膣内の常在菌バランスの維持が大切になります。

糖尿病や免疫力の低下は他の病気になるリスクもあるため、普段からバランスの良い食事や十分な睡眠をとるなど健康的な生活を送ることが大切でしょう。
また、しめつけの強い下着や通気性の悪い下着は膣でカンジダ菌を繁殖させますし、膣を石鹸で洗いすぎてしまうと自浄作用が弱まるためこれもカンジダ菌を繁殖させます。
糖尿病予防や免疫力を高めることを心がける以外にも、カンジダ膣炎には様々な予防法があります。

関連記事