更新履歴
考える男性

性病と言うと自分とは関係ない遠い世界の話と思っている方もいるでしょう。
しかしながら、性行為をする以上は、たとえ性行為を経験したことがないという方でも発症する可能性はあるのです。

特にカンジダは女性の5人に1人は経験しているというポピュラーな病気です。
「もしかして」と思ったら放置せず、すぐに調べて発症している場合には適切な薬を使用するようにしてください。
放置していても完治することはありません。むしろ、症状が悪化していく一方です。

膣カンジダという名前や、性交渉が原因で発症することもあるという病気のため、性感染症として取り扱われることもありますが、タオルの共用であったり、洋式トイレで便座を介して移る事だってあります。

カンジダの症状とは?

カンジダの原因となるのはカンジダ菌という菌です。
この菌は性器の周辺に特に多く住んでいます。たとえ健康な状態にある方でも身体の中に常に存在しているのです。
常在菌だからこそ性行為に関係なく、誰でも発症する可能性はあります。


性行為により感染する確率は10パーセント以下しかありません。
とはいえ感染する可能性もある以上は性行為の際に避妊具を装着して直接接触しないようにするなど、予防することは必要です。
特に免疫力が下がっているときに性交渉をしてしまうと、感染する確率も高まるため注意しましょう。

カンジダ菌が多くいる場所だけに、性器に症状が現れることが多いです。ただし、カンジダ菌がいるのは性器周辺だけとは限りません。
口などに発症することだってあります。こちらは口腔カンジダと呼ばれています。
最近では性行為自体に対する考え方が自由奔放になっていっていますが、その内容もかなり昔とは異なり、性のお仕事をしているような方でなくともアナルセックスやオーラルセックスは当たり前になっています。
その結果、性器にいたカンジダ菌が口腔に入ってこないとも限らないです。

女性に多い病気ですが、男性の性器に発症することだってあります。
菌がいる場所というと湿気や高い温度でジメジメ蒸し蒸しとしたところというイメージがあるでしょうが、それはカンジダ菌にとっても同じです。
膣内というとまさにそういった環境ですが、むき出しで常に外気にさらされている男性器は湿気もこもらず温度もそれほど上がらないことで感染することが少ないのです。
ただ、包茎の方などは包皮のひだの間などがまさにうってつけの環境です。感染確率は上がります。

常に存在するカンジダ菌ですが、何らかの原因により異常増殖することで悪い影響が起こるのです。
たとえば性器にかゆみがあったり、悪臭が出てくることもあり、おりものの量が増えたり、こちらも悪臭が出てきたりします。
おりものがドロドロと粘度を増すこともあります。
まるでカッテージチーズのようにポロポロになることだってあるし、性交をしたときや排尿したときに痛みを感じることもあるし、膣内がヒリヒリと痛んだり焼けるような感じで熱感をともなうこともあるのです。

男性の方は性器にかゆみやただれが起こるほか、恥垢が増加します。
こちらもカッテージチーズのような湿り気のある白いカスが亀頭や包皮周辺に見られるようになるのです。
包茎をわずらっていない男性でも清潔にしていなければやはりジメジメ環境になりやすいですし、菌が尿道に入り込んで尿道炎を引き起こすこともあります。

痛みがある・オリモノに変化がある・性器が赤くなったり水ぶくれができていたり、どれも性病の症状としてはポピュラーなものです。
それに、同じようにカンジダに発症していたとしてもどの症状が出てくるかは個人差があるのです。
そのため、素人だと何の病気かを見極めるのが困難なこともあります。病院で診てもらうのが一番です。

カンジダに効果のある薬エンペシド膣錠

カンジダは菌が原因となっている病気です。
元々身体に存在しているものとはいえ、増えてしまった以上は放置しておいても勝手に自然治癒することはありません。
むしろ増殖していく一方です。
カンジダ菌は真菌と呼ばれる植物性の生物であり、それに対抗できるのが抗真菌薬となるのです。

抗真菌薬は真菌の構造や機能に障害を与える薬です。
それにより、これ以上増殖していくのを抑えることができるのです。

抗真菌薬にはさまざまな形態があり、症状に気が付いてすぐに治療を開始したのであれば症状も比較的軽いため、軟膏やクリームといった外用薬のみで完治することもあります。
しかし、重症化したものは膣錠の併用が必須となります。
男性であれば膣内に入れるというわけにはいきませんから、経口内服薬となります。

病院で処方してもらえる薬の一つにエンペシド膣錠があります。
有効成分はクロトリマゾールです。エンペシドクリームというのもあり、こちらは水虫やいんきんたむし・皮膚カンジダ症などに処方されます。
いずれも真菌が関係する病気だからです。
一方のエンペシド膣錠は、女性が発症する膣カンジダにのみ有効です。
使用することで膣内と外陰部にのみ効果を表すため、水虫にまでは影響が及ぼされないのです。
使用した方の8割以上が効果を実感しているという結果もあり、おすすめの薬です。

その他にも抗真菌薬はあるものの、特に効果が早く出てくるのです。
カンジダを発症した患者はつらい痛みやかゆみに苦しめられてるはずです。
そんな症状をできるだけ早く取り除きたいという場合はエンペシド膣錠を使用しましょう。

こちらの薬の使い方ですが、錠剤の形状になってはいるものの口に入れてはいけません。
内服薬ではないのです。膣深部にしっかりと挿入しましょう。1日1回1錠、100mgが一般的です。
即効性があるとは言っても使用してすぐに治るというわけではなく、使用して2日か3日目くらいにかゆみが引いてきたり、炎症が治まってきます。
ただし、表面的には完治したように見えても、まだまだ体内で菌が活動している場合もあり、そのまますぐに薬をやめてしまうと再発する危険性もあります。
とりあえずは6日間は継続して治療を続けてください。病院でも6日分の薬が処方されるはずです。

6日間続けたのに効果が感じられないというのであれば医師に相談してください。
症状が重くて100mgのエンペシド膣錠では菌が抑え切れなかったのかもしれません。
症状の出方によっては、専門家である医者だって間違えることはあります。
カンジダではなく他の病気にかかっているのであればどんなに抗真菌薬を体内に入れようとも意味はありません。
もう一度、何の病気かを調べなおして、適切な薬を服用しなければならないのです。

エンペシド膣錠はわざわざ病院に行かなくとも通販サイトで手に入れることもできます。
もし自己判断でカンジダと思っていても、治らない場合は速やかに病院にいくしかありません。

カンジダは再発しやすい?

元々、身体の中にいる菌だからこそ、カンジダは発症しやすいし、再発しやすいです。
病気の中には一度発症すると身体の中に免疫を作ってもう二度とかからないというものもありますが、こちらはそういうわけには行かないのです。

もちろん、治療薬を使って菌を封じ込めたつもりでも抑えきれていなかったらすぐにまた活動を始めて増殖してしまいます。
しかし、たとえそのときはきちんと対処できていても、日常生活が原因で再発することもあるため、おりものの状態や性器の様子は日々観察しておいた方がよいでしょう。
初期段階ですぐに治療すれば、それほど苦しむことなく完治します。

体内にはカンジダ菌を含め、さまざまな菌が住んでいます。
ただ、普段は特に人体に何らかの危害を与えることがないのは、免疫力というものがあるからです。
これ以上は増えないように・悪い影響を与えないようにと制御されているのです。
そのため、免疫力が低下したときにはカンジダに再発してしまいます。それだけでなく、さまざまな病気になる危険性があります。
カンジダ患者から共同浴場やトイレ・プールを通じて感染しやすいのも免疫力が落ちているときです。
弱っているときには、温泉旅行に行って発散するよりも、自宅にこもってのんびり過ごすのが一番おすすめなのです。

それ以外にも、再発する原因はあります。たとえば、ホルモンバランスが崩れたときも危険です。
生理前になると再発するという方は、毎月その時期は注意していたほうがよいでしょう。
抗真菌薬を常備薬として持っておいたほうがよいかもしれません。処方箋がなくても通販サイトならまとめ買いだって可能です。
ホルモンバランスは妊娠時にも大きく崩れます。
お腹に赤ちゃんがいる状態だと日頃からエンペシド膣錠を使用しているという方もすぐに使うのはやめてください。
念のため、医師や薬剤師に相談した方が無難です。何らかの影響が出てしまったら大変です。

病気が関係する場合もあります。たとえば糖尿病の方はカンジダになりやすいです。HIVウイルス感染者も発症しやすいです。
それに、病気を治そうと使用している抗生物質が悪く影響してカンジダを再発させることもあります。
その場合にも医師に相談してみてください。

頻繁に再発を繰り返すというのであれば、他の疾病かもしれません。こちらも医師の判断を仰ぎましょう。

カンジダ菌が好むのは高温多湿の環境です。服装にも注意しましょう。
汗などで湿った状態の服をそのまま着たまま放置している・きつい下着を着て血行が滞ってしまっているという方は、清潔で締め付けすぎない服装を心がけてください。
免疫力の低下を含め、抗生物質や服装・糖尿病などは男性にだって関係することです。
それに、カンジダを発症している方と性行為を行うことで男性にも感染することがありますので、パートナーが調べて治療を行うというなら、一緒に治療してください。
男性に感染したカンジダ症が完治した女性にまた移ることだってあるのです。

免疫力を高めるのが一番のカンジダ予防法

免疫力というのは、身体が自分自身を守るために必要なものです。
とはいえ常に免疫機能がしっかりと活動していれば良いのですが低下することもあります。
そうならないためにも、日頃から生活の中で予防に努めましょう。

現代人は免疫力が低下しやすくなっています。
普通は若い世代は免疫機能が活発で、たとえ細菌やウイルスが入ってきてもめったに病気を発症しないはずなのです。
しかしながら感染症が増加しており、20代でも風邪から肺炎になるようになりました。
そこには、忙しい毎日を送る現代人の生活習慣があります。

忙しいからと食事はコンビニ弁当や外食・レトルト食品に頼っているという方も多いでしょう。
見た目にこだわって、とにかく無理なダイエットをしている方もいます。仕事でのお付き合いで飲み会ばかりという方もいます。
その結果、食事が偏ってしまっているのです。必要な栄養をきちんと取り込めない以上は免疫力は下がる一方です。

忙しい毎日は睡眠不足や運動不足を招きます。
平日は夜遅くまでパソコンの前で座ったまま頑張っているからこそ、たまの休日は寝だめしようと昼頃まで眠っていたり、起きてもテレビを見たりインターネットでショッピングをしたり、平日と同じくじっとしたままです。

そんな毎日の中で、仕事に人間関係にとストレスを感じる人も多いでしょう。ストレスもまた免疫力を低下させる原因となるのです。
ストレスを紛らわせようとついつい口にしているタバコや多すぎるアルコールも危険です。
こういった原因による免疫力の低下は「現代型免疫低下」と呼ばれます。

年齢に関わらず発症している症状です。
何かと風邪やインフルエンザにかかりやすい・かかったらかかったで症状が重くなりがちだ・ここぞというときに寝込んでしまう・そういう方は現代型免疫低下になっているのかもしれません。
そのまま放っておくとカンジダを何度も発症するだけでなく、次々とさまざまな病気になってしまいます。
現代習慣病にもなりやすく、悪化すると心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わるような病気になるリスクも高まるのです。
元気に長生きするためにも予防しましょう。

まずは食生活の見直しです。我々の体は日々の食べ物からできているのです。
忙しくて改善が難しいという方は、サプリメントなどもあります。

免疫力を高めるためにも、ストレス解消のためにも・血液の流れを改善するためにだって適度の運動がおすすめです。
休日が難しければエレベーターを階段に変えるなど簡単なことからでいいので身体を動かしてください。
身体が疲れれば睡眠の質もよくなり、しっかりと眠ることができます。

社会に出て男性同様に働いている女性が増えているため、男女関係無く忙しい毎日を送り、ストレスを溜めています。
美貌を保つためにも無理なダイエットをするよりも生活の見直しが肝心なのです。
免疫力を高めることこそ、一番のカンジダ症の予防法です。

記事一覧
笑顔の女性

ヘルペスには、口唇ヘルペスや性器ヘルペス及び帯状疱疹などの病態があります。 現在の治療薬では体内のヘ...

白いカプセル

クラミジアは、日本国内に100万人以上の感染患者がいると推測されている感染症であり、特に感染症に対す...

病院

トリコモナス症は、膣での炎症を起こすのが特徴です。 初期には黄緑色のニオイを持つオリモノから自覚され...

笑う女性

女性に特に多いデリケートゾーンの代表的な病気が、カンジダ膣炎です。 原因菌のカンジダ菌が膣内部で増殖...